TSUKUMO(ツクモ)BTOパソコンのおすすめ3つ!ゲーム用で買うならこの中から

[st-mybox title=”この記事はこんな方におすすめです” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#03A9F4″ bordercolor=”#03A9F4″ bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

・TSUKUMO(ツクモ)のBTOパソコンを探している方

・TSUKUMO(ツクモ)のBTOパソコンの中でおすすめを知りたい方

[/st-mybox]

この記事では、パソコンメーカーの1つTSUKUMO(ツクモ)のおすすめのBTOパソコンを3つ紹介します。

「BTOパソコンのメーカーはツクモにしようと思っているけど、どのモデルがよいかわからない」

そんな方はぜひ参考にしてくださいね。

 

おすすめのBTOパソコンを紹介する前に、まずはツクモのBTOパソコンの特徴からお話していきます。

TSUKUMO(ツクモ)のBTOパソコンの特徴

品質がたかい

ツクモのBTOパソコンの特徴としてまずあげられるのは、品質のたかさ。

  • パソコンを購入してすぐに故障した
  • 初期不良品をつかまされた

そんなツクモに対する不評の声はほとんど聞きません。

 

それもそのはず、ツクモは実はあのヤマダ電機の子会社。

大手家電量販店の名をせおっているだけに、ツクモの品質のたかさは一級品ですよ。

 

パソコンパーツの中でも故障の頻度がたかいマザーボード・グラフィックボードはとくに気を配っているようです。

 

ですので、ツクモのBTOパソコンは低価格であっても信頼して購入することができますのでご安心を。

ちなみに、品質のたかさに自信があるせいか、ツクモの延長保証料金は他社よりやすいのも特徴の1つです。

 

セールの頻度がたかい

ツクモの2つ目の特徴は、セールがよく開催されていることです。

そのため、思っていたよりも安い価格でBTOパソコンを調達できることがありますよ。

 

年末年始・GWなどの長期休暇はもちろん、決算期やときには他社がセールをしていない時期でも開催していることがあります。

以上より、できるだけ低予算でBTOパソコンを調達したい方に、ツクモはおすすめのメーカーといえます。

 

Ryzen搭載モデルが豊富

これまでCPUといえばCore iシリーズで有名なIntelの独壇場でした。

しかし、2017年3月にAMD社が対抗馬として発売したのがCPU Ryzenシリーズです。

まだまだ浸透していないRyzenですが、ツクモは積極的にRyzen搭載モデルのBTOパソコンを販売しています。

 

Ryzenシリーズの特徴は以下3つ。

  • Core iシリーズより価格が安い
  • グラフィック機能はなし
  • Windows10のみに対応

 

価格が安いCPUとしてのメリットがある一方で、Ryzenにはかならずグラフィックボードがいるといったデメリットもあります。

BTOパソコンを買いたいけど予算が限られているといった方であれば、選択肢の一つに入れておくとよいでしょう。

 

TSUKUMO(ツクモ)のおすすめBTOパソコン3つ

それではツクモのおすすめBTOパソコンを3つ紹介していきます。

価格別にコスパのたかいモデルを選びました。

ぜひ自分にあったBTOパソコンを選んでくださいね。

 

1:G-GEAR GA7J-E180/T

商品ページ

ツクモ公式サイト紹介ページ

価格 154,800 円(税抜)
スペック Core i7-8700、GTX 1070 Ti、メモリ8GB、HDD 1TB
主な特徴 CPU、グラボと文句なしのスペック。ほとんどのゲームが最高画質でプレイできる。

まず紹介するのは、今回の中でもっともスペックのたかいBTOパソコンです。

第8世代のCPUにくわえ、GTX 1070Tiという高性能なグラボを搭載しています。

 

これがどのくらい高スペックなPCであるかというと、プレイできないゲームがないほど。

高スペックを要求されるバトルフィールドシリーズの最新作”BFV(バトルフィールド5)”ですら、問題なく動作できるでしょう。

 

価格はたかいですが、

  • 長期的につかえるゲーミングパソコンが欲しい方
  • さまざまなゲームを最高画質でプレイしたい方

におすすめのBTOパソコンです。

 

また、今ならキャンペーンでHDD 1TBがSSD 480GB + HDD 2TBに無償でアップグレードできます。

ミドルタワーでそこまでスペースをとらないため、置き場所が心配な方でも大丈夫なモデルですよ。

[st-mybutton url=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437208&pid=885590993&vc_url=https%3A%2F%2Fwww.tsukumo.co.jp%2Fbto%2Fpc%2Fgame%2F2018%2FGA7J-E180T.html” title=”このモデルの詳細はコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#039BE5″ bgcolor_top=”#29B6F6″ bordercolor=”#4FC3F7″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#039BE5″ ref=”on”]

 

2:G-GEAR GA5J-C181/T

商品ページ

ツクモ公式サイト紹介ページ

価格 114,800 円(税抜)
スペック Core i5-9600K、GTX 1060、メモリ8GB、HDD 1TB
主な特徴 GA7J-E180/Tのワンランク下のモデル。価格の割にスペックがたかく、コスパ重視の方におすすめ。

2つ目に紹介するのは、さきほどのモデルのワンランク下のBTOパソコン。

予算10万円前後でかんがえている方におすすめのモデルです。

 

CPU・グラフィックボードとともに1つ目のモデルより劣りますが、その分価格がかなり安いですね。

グラフィックボードはあとから増設することもできますから、とりあえず目先のお金を重視したい方におすすめのモデルといえます。

 

また、こちらのモデルもハードディスクがSSD 480GB + HDD 2TBに無償アップグレードに対応していますので、お得ですよ。

[st-mybutton url=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437208&pid=885591007&vc_url=https%3A%2F%2Fwww.tsukumo.co.jp%2Fbto%2Fpc%2Fgame%2F2018%2FGA5J-C181T.html” title=”このモデルの詳細はコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#039BE5″ bgcolor_top=”#29B6F6″ bordercolor=”#4FC3F7″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#039BE5″ ref=”on”]

 

3:G-GEAR GA5J-B180/T

商品ページ

ツクモ公式サイト紹介ページ

価格 94,800 円(税抜)
スペック Core i5-8400、GTX 1050 Ti、メモリ8GB、HDD 1TB
主な特徴 とにかく価格をおさえたモデル。ハイスペックを要求されるゲームはとりあえず動くレベル。

最後に紹介するツクモのBTOパソコンは、とにかく価格をおさえたモデルです。

ゲーミングパソコンとしては非常に安く、10万円ちょっとで購入できますよ。

ただし、当然ながらその分パソコンのスペックは劣りますのでご注意を。

 

無料オンラインゲームレベルであれば最高画質でうごくでしょう。

しかし、高スペックを要求されがちなFPSやMMORPG。

ほかには、40人以上が同時に対戦するといったパソコンに高負荷がかかるゲームには向いていません。

 

また、こちらのモデルのみハードディスクの無償アップグレード対象外です。

当たり前ながら、SSDにかえるにはカスタマイズ料金がかかります。

 

こちらのモデルは「お金はないけど今すぐゲーミングパソコンが欲しい」という方の最終手段と思っておきましょう。

やはり1つ目・2つ目に紹介したモデルが価格的にもスペック的にもおすすめです。

[st-mybutton url=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437208&pid=885591007&vc_url=https%3A%2F%2Fwww.tsukumo.co.jp%2Fbto%2Fpc%2Fgame%2F2018%2FGA5J-B180T.html” title=”このモデルの詳細はコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#039BE5″ bgcolor_top=”#29B6F6″ bordercolor=”#4FC3F7″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#039BE5″ ref=”on”]

 

筆者がTSUKUMO(ツクモ)でBTOパソコンを買うならこのモデル

以上、価格・スペック別にツクモのBTOパソコンを3つ紹介しました。

もし僕が自分で買うなら、2つ目に紹介した“G-GEAR GA5J-C181/T”ですね。

 

理由としては、

  • 無償でハードディスクのアップグレードができる
    (この価格帯以下になると対象外のため損をする)
  • ほとんどのゲームをそこそこの画質で楽しめるスペック
  • 価格が10万円台前半

の3つ。

 

どれだけよいパソコンとはいえ、20万円近い出費は考えものです。

G-GEAR GA5J-C181/Tであれば、価格は比較的安価。

それでいてミドルスペックのため、総合的にコスパがよいと判断しました。

 

また、グラフィックボードは毎年発売していますから、お金に余裕がでてきたら増設することも可能ですよ。

 

もしあなたがメーカー品のパソコンでグラボも載っていないパソコンを使っているのであれば、G-GEAR GA5J-C181/Tでじゅうぶんな快適さが手に入るでしょう。

 

ぜひBTOパソコンを購入して、快適なゲーミングライフを送りましょう!

以上「TSUKUMO(ツクモ)BTOパソコンのおすすめ3つ!ゲーム用で買うならこの中から」でした。