【2019年版】おすすめのゲーミングPCメーカー7社!筆者厳選

 

・ゲーミングPCを買うメーカー選ぶに悩んでいる方

・これからゲーミングPCを買いたいと考えている方

この記事では、ゲーミングPCを買う上でおすすめのメーカーを7社紹介していきます。

そもそも「メーカーが違うと何が変わるの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

メーカーによって大きく異なるポイントは以下3つです。

・PCの価格
・ラインナップの種類
・アフターサービス

なんだかんだいっても、重要となるのはやはりパソコンの価格。

価格設定はメーカーによってかなりバラツキがあります。

「同等程度のスペックのPCをA社・B社と比べたとき、A社の方が3万円ほど安い」

そんなことはザラです。

 

さて、今回は20社以上あるメーカーの中から上記3つの点を総合的に評価。

本当におすすめできるメーカーだけを選びました。

購入前にぜひご覧下さい。

 

厳選!おすすめのゲーミングPCメーカー7社

紹介するメーカーは以下7社です。

順に紹介します。

1:マウスコンピューター

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・24時間365日体制の電話サポート
・ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広くカバーできるラインナップの多さ

ゲーミングPCブランド「G-Tune」でおなじみのマウスコンピューター。

乃木坂46がCMを担当していることもあり、知名度が爆上がりしているメーカーです。

 

公式サイトは初心者であっても自身に最適なゲーミングPCを選べるよう考慮されています。

そのため、ゲーミングPCを買うときにはまずチェックすべきメーカーといえるでしょう。

 

マウスコンピューターの特徴

マウスコンピューターの一番の特徴は、アフターサービスの充実さです。

24時間365日の電話サポートが受けられるのはマウスコンピューターならでは。

そのため、PCのトラブルや故障時に自力で解決するのが難しい初心者におすすめのメーカーですよ。

 

またゲーミングPCのラインナップも豊富ですので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い層に支持されているメーカーでもあります。

予算10万円でも買えるシルバーモデルから最新ゲームを最高画質で楽しめるプラチナモデルまで。

 

ただし、G-TuneのゲーミングPCはBTOというよりほぼ既製品です。

グラフィックボードなどは一応変更可能。ですが、カスタマイズの割高感は否めません。

そのため、マウスコンピューターでゲーミングPCを買う際は、カスタマイズなしのデフォルトスペックで買うのがおすすめです。

 

マウスコンピューターのBTOパソコンおすすめラインナップ

NEXTGEAR-MICRO im620PA3-SP

CPU Core i9-9900K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 512GB
価格 259,800 円(税抜)
主な特徴 最新のグラフィックボード+第9世代のCPUとハイスペックのモデル。PUBG以外にもバトルフィールドシリーズなど高グラフィックのゲームが快適にプレイできる。
公式サイト G-Tune公式サイト紹介ページ

 

NEXTGEAR i690GA4

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 2560GB
価格 199,800 円(税抜)
主な特徴 CPU、グラボと共にハイスペック。重いといわれるゲームすらも最高設定でプレイ可能。
公式サイト G-Tune公式サイト紹介ページ

 

NEXTGEAR-MICRO im610SA2-C

CPU Core i5-9400
グラフィックボード GTX 1060
メモリ 8GB
HDD 1TB
SSD (なし)
価格 119,800 円(税抜)
主な特徴 価格を抑えながらGTX 1060というミドルスペックのグラフィックボードを搭載したモデル。ライトユーザーに人気のPC。
公式サイト G-Tune公式サイト紹介ページ

 

▼マウスコンピューターについてより詳しく知りたい方はコチラ!

 

2:ドスパラ

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・価格以上のスペックをもつゲーミングPC
・最短当日出荷のスピード対応

2つ目に紹介するメーカーは秋葉原に本店をかまえるドスパラ。

ネット上で定期的に叩かれるドスパラですが、実はそれほど悪いメーカーではありません。

 

ゲーミングPCに関しては、価格とスペックのバランスがよくコスパが高い。

ドスパラの主力PC「ガレリアシリーズ」はいまだに出荷され続ける根強い人気があります。

 

ドスパラの特徴

ドスパラが他メーカーより優れるのは価格。要するに、ゲーミングPCが安く手に入ります。

ドスパラは昔、海外パーツを中心に取り扱っていましたから仕入れルートが豊富なんですね。

そのため、他社より安くパーツを仕入れ安くPCを構築する、ということが可能なのです。

 

問題なのはネット上で騒がれた不良品対応の悪さ。

ドスパラ全店舗がそのような悪質サポートというわけではありません。

しかし、そういった悪評が付いて回る店舗があるのは事実です。

 

ですから、サポートを重視したいなら他メーカーを選びましょう。

とはいえ、価格の安さは確かですから「安くてよいゲーミングPCが欲しい」という方にはピッタリのメーカーですよ。

 

ドスパラのBTOパソコンおすすめラインナップ

ガレリアXF

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 8GB
HDD 2TB
SSD 512GB
価格 178,980 円(税抜)
主な特徴 ドスパラで人気No.1のゲーミングPC。スペックの高さと価格のバランスからコスパに優れるため、多くのユーザーから人気のあるモデル。
公式サイト ドスパラ公式サイト紹介ページ

 

ガレリアXT

CPU Core i7-8700
グラフィックボード GTX 1060Ti 6GB
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 512GB
価格 129,980 円(税抜)
主な特徴 価格とPCスペックのバランスがとてもよいゲーミングPC。ライトユーザーに人気のモデル。
公式サイト ドスパラ公式サイト紹介ページ

 

ガレリアDT

CPU Core i5-8500
グラフィックボード GTX 1660Ti 6GB
メモリ 8GB
HDD 1TB
SSD 240GB
価格 109,980 円(税抜)
主な特徴 グラフィックボードはGTX 10シリーズの後継となる16シリーズを搭載。10万円台前半で買えるゲーミングPCの中ではトップクラス。
公式サイト ドスパラ公式サイト紹介ページ

 

▼ドスパラについてより詳しく知りたい方はコチラ!

 

3:パソコン工房

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・とにかくラインナップが多い
・追加料金一切なしの安心保証

3つ目に紹介するメーカーは、とにかく店舗数が多いパソコン工房。

PCにそれほど詳しくない方でもメーカー名だけは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

古いパーツを使用したゲーミングPCも販売されているため、思わぬ掘り出し物がみつかるのはパソコン工房ならではです。

 

パソコン工房の特徴

とにかくラインナップが多い!これに尽きます。

パソコン工房のゲーミングPC「LEVEL∞シリーズ」はなんと200以上のラインナップを用意。

ユーザーのニーズに事細かく応えます。

 

最新パーツを使用したハイスペックPCはもちろん、型落ちパーツを使用した安いゲーミングPCがあるのもパソコン工房の特徴です。

「今年のモデルじゃないと嫌だ」といったこだわりがなければ、安くPCを買うことができるでしょう。

 

また、有料にはなりますが保証期間は最長で4年に対応。

しかも保証期間中の修理は何回でもタダ!

 

パソコン工房は価格の安さとアフターサービスをバランスよく考慮したい方におすすめのPCメーカーといえます。

 

▼パソコン工房の評判はコチラの記事にまとめています

 

パソコン工房のBTOパソコンおすすめラインナップ

LEVEL-R0X4-R72X-VSVI-PJS

CPU Ryzen 7 2700X
グラフィックボード Radeon RX Vega 64 8GB HBM2
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 250GB
価格 199,980 円(税抜)
主な特徴 ゲーミング性能に優れた新型のCPU「Ryzen」シリーズ、GTX 1080相当の性能を持つグラフィックボードを搭載。パソコン工房のPUBG推奨モデル。
公式サイト パソコン工房公式サイト紹介ページ

 

LEVEL-M0B6-i5F-RFS

CPU Core i5-9400F
グラフィックボード GTX 1650
メモリ 8GB
HDD (なし)
SSD 240GB
価格 89,980 円(税抜)
主な特徴 予算10万円以内と考えている方にピッタリのゲーミングPC。HDDはないものの、CPU・グラボ共にミドルスペック。SSDもあるためロード時間短縮が可能。
公式サイト パソコン工房公式サイト紹介ページ

 

4:FRONTIER(フロンティア)

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・セールの特価品がまじで安い
・大手家電量販店の子会社のため信頼性に優れる

続いて紹介するのは、セールに強いフロンティア。

元々はオリジナルブランドだったフロンティアですが、2013年にヤマダ電機に吸収合併されたブランドです。

つまり、フロンティアはヤマダ電機の傘下ブランドということですね。

 

ヤマダ電機の看板を背負っているだけあり、安心・信頼性に優れるメーカーです。

 

フロンティアの特徴

正直に言って、通常時のフロンティアのゲーミングPCはイマイチです。他メーカーの方が価格もスペックも上。

しかし、セール時にはこれが一転します。

 

とくに、毎年大々的なセール時期となる夏季・年末年始。

「え、このスペックのゲーミングPCがこの価格でいいの?」というほどに安いゲーミングPCが数多く販売されます。

 

ただし、セール品はどれも数量限定。ですから、「手に入ればラッキー」程度に考えておきましょう。

以上より、もしゲーミングPCの購入時期がセール時期にかぶっていた場合は絶対にチェックしておきたいメーカーです。

 

フロンティアのBTOパソコンおすすめラインナップ

FRGBZ390/SG3

CPU Core i9-9900K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD 2TB
SSD 512GB
価格 254,800 円(税抜)
主な特徴 フロンティアのハイエンドゲーミングPC「GBシリーズ」の上位モデル。高い性能とこだわりのエアフローによる排熱処理が特徴。
公式サイト フロンティア公式サイト紹介ページ

 

FRGRH370/SG2

CPU Core i7-8700
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 512GB
価格 173,800 円(税抜)
主な特徴 価格・スペックのバランスがよい「GRシリーズ」。10万円台で収まるゲーミングPCの中ではトップクラス。
公式サイト フロンティア公式サイト紹介ページ

 

5:TSUKUMO(ツクモ)

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・大手家電量販店の子会社のため信頼性に優れる
・セールの頻度が高い

5つ目に紹介するメーカーは、フロンティアと同じくヤマダ電機100%出資のツクモ。

フロンティアほどの破壊力はありませんが、毎日なんらかのセールをやっているのが特徴です。

 

ツクモの特徴

ノートパソコンのラインナップは限られますが、デスクトップ型は豊富なラインナップが揃っています。

また、価格自体も頻繁なセールのおかげで安め。

そしてツクモだけの保証サービスがあるなど、アフターサービスにも優れます。

 

「パソコンの性能が思ったより低い。別のに変えたい」

「パーツの相性が悪く、正常に動作しない」

そんなときに対応可能な交換保証はツクモならでは。

 

どれかが飛び抜けているわけではありませんが、

  • 価格の安さ
  • ラインナップ
  • アフターサービス

これらをバランスよく追求したい方におすすめのメーカーといえるでしょう。

 

ツクモのBTOパソコンおすすめラインナップ

G-GEAR GA9J-G181/ZT

CPU Core i9-9900K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD 2TB
SSD 500GB
価格 224,800 円(税抜)
主な特徴 ツクモのゲーミングPC「G-GEAR」の上位モデル。CPU・グラフィックボード共に最新のが使用されている。
公式サイト ツクモ公式サイト紹介ページ

 

G-GEAR GA7J-D181/T

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 240GB
価格 159800 円(税抜)
主な特徴 CPUはi7の第9世代、グラボはRTXシリーズと性能が高いモデル。価格とスペックのバランスがよく、手軽にゲームを楽しみたい層に人気。
公式サイト ツクモ公式サイト紹介ページ

 

6:SEVEN(セブン)

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・フルカスタマイズ可能な柔軟性の高いゲーミングPCを取り扱う
・有名メーカーに比べて価格が安い

6つ目に紹介するメーカーは、セブン。

今回紹介するメーカーの中では唯一あまり名が通っていないメーカーです。

しかし、コスパの高いゲーミングPCを数多く取り扱っているため、紹介しないわけにはいかないと考えました。

 

セブンの特徴

ケースの選定からCPU・グラボの選択はもちろん、メモリ容量まですべて自身で選べるカスタマイズ性の高さがセブンの売りです。

本来のBTOパソコンに近いイメージですね。

 

また有名メーカーの場合、パーツ変更はけっこうなお金を取られます。

しかし、セブンでは妥当価格。そのため、細部までこだわった自分だけのゲーミングPCが注文できるのです。

 

言い換えれば、そこそこPCに詳しくない方でないとおすすめできないメーカーともいえます。

それでも、カスタマイズなしの既製品がありますから、初心者の方はそちらを買われるとよいでしょう。

 

メーカーとしてはまだ無名に近いためか、価格は他メーカーよりかなり安い設定です。

 

セブンのBTOパソコンおすすめラインナップ

SR-ii9-8860T/S7/GR/W10P

CPU Core i7-9900K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD (なし)
SSD 500GB
価格 229,800 円(税抜)
主な特徴 ほぼトップクラスに近い構成のゲーミングPC。HDDを増量しても20万台前半でおさまるコスパの高さがウリ。
公式サイト セブン公式サイト紹介ページ

 

SR-ii7-8960H/S5/GK/W10

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2060
メモリ 16GB
HDD (なし)
SSD 480GB
価格 163,800 円(税抜)
主な特徴 10万円台に価格を抑えながら、CPU・グラボ共に性能が高いモデル。低予算でスペックの高いPCを求めている方におすすめ。
公式サイト セブン公式サイト紹介ページ

 

7:DELL(デル)

価格の安さ
ラインナップの種類
アフターサービス
総合おすすめ度
ポイント
・ゲーミングノートのラインナップはメーカーの中でダントツ
・選べるサポートプラン

最後に紹介するメーカーはDELL(デル)です。

一時は「デル以上に安いところなんて存在しない」と言われるほどコスパに優れたメーカーでした。

今ではどのメーカーもそこそこに安いPCを出すようになりましたが。

 

ゲーミングノートを専門的に扱うデルのブランド「ALIENWARE(エイリアンウェア)」について紹介します。

 

デルの特徴

デルのゲーミングPCはノート型しか取り扱っていません。

そしてノートPCはコンパクトにするのにお金がかかるため、スペックの割に価格が高くなる傾向にあります。

 

とはいえ、持ち運び可能なゲーミングPCというのはやはり魅力的。

普通のデスクトップ型のゲーミングPCであれば、持ち運ぶのはまず不可能ですからね。

 

さて、デルのゲーミングPCブランド「ALIENWARE(エイリアンウェア)」は価格と重量を抑えたラインナップが数多く並びます。

そのため、一昔前の「ゲーミングノート = 価格が高い」という印象からは打って変わったのです。

 

もしゲーミングノートを買いたいなら、エイリアンウェアのラインナップから選ぶことをおすすめします。

 

デルのBTOパソコンおすすめラインナップ

XPSタワー スペシャルエディション プラチナ

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 16GB
HDD (なし)
SSD 512GB
価格 226,980 円(税抜)
主な特徴 デルのXPSタワーシリーズの中でもハイエンドモデル。オーバークロックとVRに対応している。
公式サイト DELL公式サイト紹介ページ

 

ALIENWARE M15 プレミアム

CPU Core i7-9750H
グラフィックボード RTX 2060
メモリ 16GB
HDD (なし)
SSD 256GB
価格 240,980 円(税抜)
主な特徴 グラボにRTXシリーズを採用した性能の高いゲーミングノート。VRにも対応しており、持ち運びに優れる。
公式サイト DELL公式サイト紹介ページ

 

まとめ:ゲーミングPCは自分に合うメーカーを選ぼう

ゲーミングPCを買うのにおすすめのメーカーと各メーカーの特徴、おすすめラインナップについて紹介してきました。

 

  • 価格、コスパを取りたいのか
  • アフターサービスを重視したいのか
  • ブランド力を重視したいのか

この3点のどこをとるかで選ぶメーカーは自ずと変わるはず。ぜひ自分に合ったゲーミングPCメーカーを選んで下さいね。

 

記事内で最初の方に紹介したメーカーがとくにおすすめ!

ですから、マウスコンピューターやドスパラは初心者がPCを買う際にも真っ先に検討して欲しいメーカーです。

ぜひお気に入りのメーカーをみつけて、ゲーミングPCを新調して下さいね。

 

以上「【2019年版】おすすめのゲーミングPCメーカー7社!筆者厳選」でした!