黒い砂漠に必要なスペックは?プレイにおすすめのゲーミングPCも紹介

 

・黒い砂漠をパソコンで快適にプレイしたい方

・黒い砂漠がプレイできるゲーミングPCを知りたい方

この記事では、基本プレイ無料のMMORPG「黒い砂漠」の最低・推奨スペックとプレイするにあたりおすすめのゲーミングPCを紹介します。

 

基本プレイ無料のオンラインゲームといえば、ほとんどが低スペックのPCで動くように設計されています。

ところが黒い砂漠にかんしては、その限りではありません。

 

高速移動によるグラフィックの移り変わりや、100人規模で人があつまるフィールドボス。

パソコンに負荷がかかることがおおいため、そこそこによいゲーミングPCでないと快適にプレイできないのです。

 

ではまずは、黒い砂漠の要求スペックからみていきましょう。

 

黒い砂漠の最低・推奨スペックについて

項目 最低スペック(VERY LOW以下) 推奨スペック(LOW設定)
CPU Intel Core i3 3.0GHz以上 Intel Core i5 3.3GHz以上
メモリ 4GB 6GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTS 250
NVIDIA GeForce 9800 GTX
Radeon HD 3870 X2
NVIDIA GeForce GTX 660
NVIDIA GeForce GTX 560Ti
Radeon HD 7770
Radeon HD 6770
項目 推奨スペック(MIDDLE設定) 推奨スペック(HIGH設定)
CPU Intel Core i5 3.3GHz以上 Intel Core i7 3.0GHz以上
メモリ 8GB 16GB
グラフィックボード NVIDIA GTX750Ti
NVIDIA GTX760
RadeonR7 260X
RadeonR9 270
 NVIDIA GTX 960(3GB以上)
RadeonR9 380(3GB以上)

まず、黒い砂漠の最低・推奨スペックは公式より4つ発表されています。

  • 最低スペック(VERY LOW以下):最低画質にてゲームの起動ができる
  • 推奨スペック(LOW設定):最低画質でプレイできる
  • 推奨スペック(MIDDLE設定):中画質でプレイできる
  • 推奨スペック(HIGH設定):高画質でプレイできる

 

とはいえこの公式のスペック、ほとんどあてになりません。

というのは、推奨スペック(HIGH設定)のゲーミングPCであってもFPSが20~30ほどしかでないからです。

FPS

フレームレートの略称。1秒あたりに処理させるフレーム数(静止画像数、コマ数)をあらわし、オンラインゲームにおいては数字がたかいほど動作が快適なことを示す。

FPSの目安
・~15FPS:動作がカクついてまともにプレイできない
・20~30FPS:なんとかゲームをプレイすることはできるがカクつきを感じる
・50~60FPS以上:カクつきを感じない。快適かどうかの基準となることが多い

つまり「黒い砂漠を最高画質かつサクサクの動作でプレイしたい!」ということであれば推奨スペック(HIGH設定)以上のゲーミングPCが必要です。

 

僕がプレイした感覚として、黒い砂漠を快適にプレイするには

  • グラフィックボード:
    フィールドボスのみ画質を落としてもよい方→GTX 1070
    つねに最高画質でプレイしたい方→GTX 1080以上
  • CPU:Core i7の第6世代以上(i7-6○○○など後ろ4ケタの型番の先頭が6より大きい数字のもの)
  • メモリ:16GB以上

が基準です。

 

続いてはこれらをふまえた上で、黒い砂漠のプレイにおすすめのゲーミングPCを紹介します。

 

黒い砂漠のスペックを満たしたおすすめのゲーミングPC3つ

黒い砂漠のプレイにおすすめのゲーミングPCは以下3つです。

順にご紹介します。

1:G-Tune(マウスコンピューター)NEXTGEAR i690PA4-SP

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD 1TB
SSD 512GB
価格 259,800 円(税抜)
主な特徴 最新のグラフィックボードを搭載したハイスペックモデル。ヘビーユーザーも満足させるスペック構成となっている。SSDも大容量のため、たくさんゲームをしたい方でも安心。
公式サイト G-Tune公式サイト紹介ページ

まず紹介するのは、マウスコンピューターのハイエンドブランドであるG-Tuneから。

G-Tuneはセールがない分、ゲーミングPCの元値がやすいです。

そのため、G-TuneではゲーミングPCをお得な価格で買うことができますよ。

 

さて、このモデルはなんといっても最新のグラフィックボードであるRTX 2080を搭載しているのが一番の特徴です。

RTX 2080といえば、GTX 1080の上位であるGTX 1080 Tiよりもさらに上の性能。

 

RTX 2080 Tiというさらに上位のグラボもありますが、現行のグラボで2番目にたかい性能をほこるといえるでしょう。

 

CPUにかんしても、i7の第9世代が使用されています。

要約すると、このゲーミングPCは最新でハイスペック。

 

価格はそれなりにしますが、黒い砂漠を含めどのゲームをプレイしていてもカクつくことはないでしょう。

また高いスペックをほこりますので、VRや4K画質でのゲームプレイも可能です。

 

ゲーマーが一度はあこがれるG-TuneプラチナモデルのゲーミングPC。

ぜひ検討してくださいね。

 

2:ドスパラ ガレリア XF

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード RTX 2070
メモリ 8GB
HDD 2TB
SSD 512GB
価格 178,980 円(税抜)
主な特徴 ドスパラで人気No.1のゲーミングPC。スペックの高さと価格のバランスからコスパに優れるため、多くのユーザーから人気のあるモデル。
公式サイト ドスパラ公式サイト紹介ページ

2つ目の黒い砂漠推奨ゲーミングPCは、ドスパラから。

ドスパラは、スペックのわりに低価格でゲーミングPCが手に入るコスパのたかさ。

そして、注文から最短で翌日には発送される納期のはやさが特徴です。

 

さて、このモデルはゲーミングPCの予算20万円程度で考えている方におすすめのモデルです。

スペックとしては、まずグラフィックボードはGTX 1080よりさらに高性能のRTX 2070。

CPUもi7の第8世代と抜け目がありません。

 

1つ目のG-TuneのゲーミングPCには劣りますが、じゅうぶんハイスペックなPCといえますね。

4K・VRでゲームをするには厳しいかもしれませんが、黒い砂漠をプレイする分には十分といえるでしょう。

 

「20万円以内でできるだけハイスペックなゲーミングPCが欲しい」という方にぴったりですので、ぜひ検討して下さい。

 

3:TSUKUMO(ツクモ)G-GEAR GA9J-G181/ZT

CPU Core i9-9900K
グラフィックボード RTX 2080
メモリ 16GB
HDD 2TB
SSD 500GB
価格 224,800 円(税抜)
主な特徴 ツクモのゲーミングPC「G-GEAR」の上位モデル。CPU・グラフィックボード共に最新のが使用されている。
公式サイト ツクモ公式サイト紹介ページ

「ゲーミングPCの予算は20万円前半までで考えたい」

そんな方におすすめなのがこのツクモ「G-GEAR GA9J-G181/ZT」です。

 

20万円前半におさまるゲーミングPCながら、CPUはi9・グラフィックボードはRTX2080と価格以上のパフォーマンスです。

黒い砂漠を高画質でプレイするのには十分なスペック。他の人気ゲームも難なくプレイできることでしょう。

 

まとめ:黒い砂漠は生半可なスペックでは動かない

黒い砂漠の推奨スペックとプレイにおすすめのゲーミングPCを3つ紹介してきました。

「紹介されているゲーミングPCはどれも価格帯の高いものばかりじゃないか」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、黒い砂漠を快適にプレイするにはこれぐらいのスペックは必要です。

生半可な10万円程度のゲーミングPCでは画質を下げてのプレイとなるため、黒い砂漠のおもしろさが半減することでしょう。

 

黒い砂漠はオンラインゲームの中でもかなり重い分類に入ります。

つまり、黒い砂漠がプレイできるゲーミングPCであれば大概のゲームは動くということ。

この機会にゲーミングPCを新調してみてはいかがでしょうか。

 

以上「黒い砂漠に必要なスペックは?プレイにおすすめのゲーミングPCも紹介」でした!